薪ストーブのある暮らし

森暮らしを愉しむ

寒波でモリノワのミニキッチンが凍ってしまったので、薪ストーブを焚きながら温め溶かしています。

手間もかかりますし温度調節も樹種と量と焚き方次第ですが、その不便さも愛くるしく感じるほど、身体の芯まで心まで温まる 良い熱が届いてきます。

昨年は薪づくりをサボってしまったので残量が足りなく、乾ききっていない傷んだ(朽ちはじめ)丸太などもストーブ前で乾かしながら、どんな木でも燃やしています。 デリケートなこと言わず、どんな木からも熱の恩恵を頂き大切に焚いていきます。 来年用は、今年ちゃんと作りますっ!

室内とは思えない姿(笑) 山小屋風の気分を味わえます。
薪ストーブ体験にもいらしてくださいね。結構詳しいので助言も出来ますよ。

櫻井貴弘

櫻井貴弘

軽井沢のリゾート会社不動産部門で17年、不動産仲介とサービス業を続けてきました。軽井沢ファンを迎えていくとともに、今までこの町を選んで下さった方々により楽しい軽井沢ライフを送って頂けますよう、暮らしのコーディネートと遊びの繋ぎをしていきたいです。宜しくお願いします。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

櫻井貴弘

櫻井貴弘

軽井沢のリゾート会社不動産部門で17年、不動産仲介とサービス業を続けてきました。軽井沢ファンを迎えていくとともに、今までこの町を選んで下さった方々により楽しい軽井沢ライフを送って頂けますよう、暮らしのコーディネートと遊びの繋ぎをしていきたいです。宜しくお願いします。

最近の記事

  1. モリノワでのご相談を。

  2. 準備のメモメモ

  3. 薪ストーブのある暮らし

TOP