接客スペースというより2

暮らしのコーディネート

入り口正面の空間は、もともと床を土間にする予定でした。
クッションフロアを剥ぎモルタルむき出しにして黒く塗る予定でしたが、こちらの空間の壁面を合板張りに決めた際、凝らずに同系色で揃えてよう(作業を減らそうサボろう)と方向転換させました。

カウンターの高さのテーブルに出来ればリモートワークし易いかなと。またこっちのテーブルは建築業者さんや顧客とも打ち合わせしやすくしたいと想像しながらテーブルの寸法や並べ方を色々考え、ちょうどよいものが無かったり高かったりなので、MORIASOBIのバックオフィスの倉庫に余っていた足場板の天板を借り、25㎜合板2枚を半分(91cm)にカットし、変形のT字で打ち付けて作りました。

実際には、このスペースで作業することが殆どとなりました。来客も確認できるし冷蔵庫とシンクが近いし、お酒が近いし。。仕事後にそのままここで冷えた白ワインや手頃な泡を頂くのが至福でございます。
モリノワ制作の様子や バーサクライとなっている様子などは個人の緩いほうに記録を残していますので気が向いた時だけ覗いてみてください。
http://sakuraikaruizawa.blog33.fc2.com/blog-category-54.html

では、また。

櫻井貴弘

櫻井貴弘

軽井沢のリゾート会社不動産部門で17年、不動産仲介とサービス業を続けてきました。軽井沢ファンを迎えていくとともに、今までこの町を選んで下さった方々により楽しい軽井沢ライフを送って頂けますよう、暮らしのコーディネートと遊びの繋ぎをしていきたいです。宜しくお願いします。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

櫻井貴弘

櫻井貴弘

軽井沢のリゾート会社不動産部門で17年、不動産仲介とサービス業を続けてきました。軽井沢ファンを迎えていくとともに、今までこの町を選んで下さった方々により楽しい軽井沢ライフを送って頂けますよう、暮らしのコーディネートと遊びの繋ぎをしていきたいです。宜しくお願いします。

最近の記事

  1. 庭師としての活動

  2. みよたでの 沢のある「暮らせる分譲地」の生み出しを。

  3. 浅間山ビューの 2700坪超の準備中土地。

TOP